What Is Work For?

WEB初心者がはじめた覆面調査・ネットお小遣い稼ぎから、副収入、本格的な収入を稼ぐために日々あれこれ。お得な情報もまとめて掲載

PHP 業界最安値!レンタルサーバーロリポップ!

ロリポップ「PHP7.1モジュール版への変更方法」と「速度変化」はいかに?

投稿日:



ロリポップPHP7.1モジュール版への変更と速度変化について

ロリポップのクーポンコード

2019年9月9日、レンタルサーバーロリポップ!からPHP7.3(CGI版とモジュール版)の提供開始が発表された。

2019年10月以降の提供で11月、12月と3回に分けてサービスを開始する予定だ。

それに先立ってPHP7.1(モジュール版)への変更がまだだった管理人は、今更ながらPHP7.1(モジュール版)に変更することにした。

 

リリースされたのはもう2年前にもなるのにPHP7.1(モジュール版)に変更するの遅すぎ、、、と我ながら思うのだが、

それには理由があって2017年2月9日以前からロリポップを使っている人は、マイページのPHP管理からPHP7.1(モジュール版)の選択ができないのだ。

だから、全然そのニュースにアクセスすることなくPHP7.1(モジュール版)に気づかなかったという・・・

 

まずはロリポップでPHP7.1(モジュール版)に変更方法について。

ロリポップ!PHP7.1(モジュール版)への変更方法

2017年2月9日以降にロリポップと契約開始した人はマイページからPHP7.1(モジュール版)が選べるそうだが、2017年2月9日以前からロリポップ!を使用している管理人の管理画面ではPHP7.1(モジュール版)が選べない。

ロリポップ!PHP設定画面

ロリポップのPHP設定変更

ロリポップのPHP設定変更

PHP7.1はCGI版しかないのがわかるだろう。

では、PHP7.1モジュール版に変更するにはどうしたらいいかというと、ロリポップ!の問合せフォームから「PHP7.1モジュール版に変更したい旨を連絡」する必要がある。

するとロリポップ!側でサーバー移設をしてくれるという流れだ。

 

PHP7.1モジュール版への変更の流れ

PHP7.1モジュール版に変更したい旨をロリポップ!に連絡するとこんな風に回答が返ってきた。

今回ご連絡いただいたアカウントにて
PHP7.1モジュール版のご利用をご希望の場合、「サーバー移設」が必要となります

以下、3点に分けてご案内いたしますので、恐れ入りますがご確認をお願いいたします。

・PHP7.1モジュール版利用前の動作確認について
・サーバー移設に関する注意点
・サーバー移設希望日のご連絡について

※ご案内が長文となっておりますが何卒ご容赦ください。

■PHP7.1モジュール版利用前の動作確認について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
サーバー移設を行いますと、PHP5.6(モジュール版)を選択しているドメインの
PHPバージョンがPHP7.1(モジュール版)に切り替わります。

また、サーバー移設後は、PHP5.6(モジュール版)をご利用いただくことができません。

そのため、現在ご利用中のサイトやプログラムがPHP5.6(モジュール版)を利用している場合、
PHP7.1に対応しているか、PHP7.1で正常に動作するか等を事前にご確認ください。

現在ご利用中のアカウントですと、PHP7.1(CGI版)のご利用が可能でございます。

また、スタンダードプランまたはエンタープライズプランの
新規お申込みを行っていただくと、新規アカウントでPHP7.1(モジュール版)を
ご利用いただくことができますので、お申込みから10日間の無料お試し期間を使って
PHP7.1(モジュール版)の動作をご確認いただくということも可能です。

■サーバー移設に関する注意点
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1.移設中、一時的にご利用いただけなくなるサービスがございます。

▼ご利用いただけなくなるサービス
・WEBサイトの表示
・FTPS/WebDAVの接続
・SSH接続(SSH利用中の場合)
・cronの実行
・ユーザー専用ページ内の一部の操作

2.移設に伴い、下記情報が変更されます。

▼変更される情報
・PHP5.6 モジュール版を選択しているドメインのPHPバージョン
※PHP7.1 モジュール版 となります
・サーバー番号
・SSHサーバー
・FTPSサーバー
・カウンターのURL(現在のカウンターのURLが http://usersXXX... となっている場合)

3.移設中はアクセスログの取得が行えません。

移設開始から移設終了までの間、
すべてのドメインのアクセスログが取得できません。

■サーバー移設希望日のご連絡について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
以上をご確認の上、移設をご希望の場合は、ご希望の移設日を第三希望までご記載いただき、
ユーザー専用ページ( https://user.lolipop.jp )内の〔サポート〕よりご連絡ください。

・移設は、平日 10:00から17:00 の間で行わせていただきます。
・希望日は、ご連絡いただく日の翌日以降でご指定ください。

------------------------------------
【サーバー移設希望日】
第一希望:
第二希望:
第三希望:
------------------------------------

つまり

  • PHP7.1(CGI版)で動作確認を先にして
  • サーバー移設したい日を前日までに連絡する

ということだ。

早速、PHP7.1(CGI版)で動作確認をして問題なかったので、移設日を申し込んだ。

サーバー移設完了

サーバー移設の作業時間指定はできない。

作業時間はものの数分だったようだ。

これで、PHP7.1(モジュール版)が利用できる様になった。

 

ところでPHP7.1モジュール版でどれだけ速度アップするといわれているのだろうか。

PHP7.1モジュール版とPHP5.6モジュール版の速度の違い

ロリポップ!のプレスリリースではPHP7.1モジュール版とPHP5.6モジュール版の速度の違いについて以下の様に言及している。

『PHP7.1』ではPHP5系と比較して、PHPプログラムの処理速度が向上しております。
当社ベンチマークテストにおいては、『PHP5.6(モジュール版)』と比べて『PHP7.1(モジュール版)』は、レスポンスタイムが5.5倍高速化(※2)いたしました。

なるほど、5.5倍の高速化。

だとしたら、リリースされたから2年以上もの間使っていなかった管理人はお馬鹿じゃないのか・・・

まぁいいや、

とにかく5.5倍の高速化するらしい。

PHP7.1CGI版とPHP5.6モジュール版の速度の違い

ちなみに、サーバー移設前でも使えたPHP7.1CGI版とPHP5.6モジュール版の速度比較は微妙なところのよう。

あまり変わらないっていう意見もネット上ではチラホラ。

ロリポップ!にも問い合わせしてみたけど

大変恐れ入りますが、PHP5.6モジュール版とPHP7.1CGIのどちらがレスポンスが早いか といったご質問に関しましては、お客様のサイトの構成やサーバーの状態等によって異なりますので、ご案内を行うことができません。

ですって。

 

ところでPHPのCGI版とモジュール版は何が違うのだろうか?

PHPのにおけるCGI版とモジュール版の違い

ロリポップ!ではCGI版とモジュール版の違いについては下記表のように説明されている。

レンタルサーバーロリポップ!より

項目 モジュール版 CGI版
実行プロセス Apacheのプロセス PHPのプロセス
レスポンス 高速 低速
iniによる設定変更 ×
提供プラン スタンダード以上 全プラン

一番速度に関わってくるのが一番上の行の「実行プロセス」だ。

Apache(アパッチ)とはロリポップ!は提供しているWebサーバーソフトのことだが、

  • モジュール版はApacheのプロセスの中で実行され
  • CGI版はPHPのプロセスで実行される

という違いがある。

つまり、モジュール版はベースとなるソフトウェアであるApache(アパッチ)の拡張機能の1つとしてPHPを提供できる。(モジュール、部品と理解しよう)

一方、CGI版はPHPを処理するためにCGIプログラムを立ち上げて処理しなければいけない。

どちらが高速でどちらが低速かはすぐに理解できるだろう。

別のプログラムを立ち上げて処理をする方が処理速度は遅くなる。

Apache(アパッチ)とは、Apache HTTP Serverのことで、世界的に最も普及しているOSに依存しないWebサーバ(HTTPサーバ) ソフトウェアの一つ。アメリカの政府機関であるNCSA(米国立スーパーコンピュータ応用研究所)で開発されたWebサーバーをベースとして開発された。そのシェアはかつては圧倒的な1位だったが米国のサーバーシェア調査「April 2019 Web Server Survey|Netcraft」によると2019年4月はNginxがシェアを増やしシェア第1位となっている。(参考)4月のWebサーバシェア調査

実際の速度

以上の様に、基本的にはモジュール版の方がCGI版よりも高速なのだが、場合によってはCGI版が勝る時もあるようだ。

様々なWebサイトで勉強させてもらったところ、低負荷サイトの場合はCGI版の方が処理速度が速い場合もあるとか。

もし、CGI版からモジュール版に変えたのに速度が落ちたという場合は、CGI版の方が合っているサイトなのかもしれない。

 

実際にロリポップでPHP5.6(モジュール版)からPHP7.1(モジュール版)に変えた場合の速度変化について記しておきたいと思う。

運営サイトの中から高負荷サイトを3つピックアップし、GoogleのPageSpeed Insightsで計測した。

[Wサイトの速度変化]PHP5.6(モジュール版)からPHP7.1(モジュール版)

モバイル

PHP5.6(モジュール版)

PHP5.6モジュール版の速度

PHP7.1(モジュール版)

PHP7.1モジュール版の速度

 

パソコン

PHP5.6(モジュール版)

PHP5.6モジュール版の速度

PHP7.1(モジュール版)

PHP7.1モジュール版の速度

速度変化まとめ

PHP7.1(モジュール版)に変えたところパソコン・モバイル共に速度低下。

これは予想外の結果。

 

[Gサイトの速度変化]PHP5.6(モジュール版)からPHP7.1(モジュール版)

モバイル

PHP5.6(モジュール版)

PHP5.6モジュール版の速度

PHP7.1(モジュール版)

PHP5.6モジュール版の速度

パソコン

PHP5.6(モジュール版)

PHP5.6モジュール版の速度

PHP7.1(モジュール版)

PHP7.1モジュール版の速度

速度変化まとめ

PHP7.1(モジュール版)に変えたところパソコン変化なし・モバイル速度低下。

こちらのサイトも速度改善はなかった。

 

 

[Cサイトの速度変化]PHP5.6(モジュール版)からPHP7.1(モジュール版)

モバイル

PHP5.6(モジュール版)

PHP5.6モジュール版の速度

PHP7.1(モジュール版)

PHP5.6モジュール版の速度

なんと速度変わらず・・・

パソコン

PHP5.6(モジュール版)

PHP5.6モジュール版の速度

PHP7.1(モジュール版)

PHP5.6モジュール版の速度

速度変化まとめ

PHP7.1(モジュール版)に変えたところパソコン・モバイル共に変化なし。

 

PHP7.1(モジュール版)のまとめ

PHP7.1(モジュール版)はPHP5.6(モジュール版)よりも5.5倍速度が速いということだったが、Google PageSpeed Insightsのツールを使用しサイト表示速度を計測したところ、速度の改善は全くみられなかった。

速度計測はいずれも平日の昼間に実施。

高負荷がかかった時に速度の違いが表れるのだろうか。

2019年秋にはPHP7.3(モジュール版)がリリースされるとのことだが、どれだけの速度改善が見込めるのか。正直同じPHP7系なので大幅な改善は難しいと思う。

管理人の運営している主力サイトの速度評価はあまりにも酷すぎるので

PHP5.6モジュール版の速度

ロリポップが2019年9月に満を持して発表した最新プラン「ハイスピードプラン」に移行しようと思う。


-PHP, 業界最安値!レンタルサーバーロリポップ!
-, , ,

Copyright© What Is Work For? , 2019 All Rights Reserved.