Amazon Amazonクーポン・割引

【返送料が500円!?】対処方法!Amazon返品無料で購入したのに返送料がかかるってどういうこと?



【返品料が500円!?】
対処方法を解説。
Amazon返品無料で購入したのに、返送料がかかるってどういうこと?

Amazonでの注意点

管理人のククイはamazonでよくファッション用品を購入する。

理由は、30日間返品無料の商品が多いから!

amazonも明言しているように「自宅でゆっくり試着」できることが大きな魅力。

それなのに!

amazonファンション用品を返品しようとしたら返送料を請求されたのだ。この時の対処方法についてまとめた記事

 

【Amazon】返品無料商品なのに返送料がかかる?

Amazonファッショ用品返品無料

先日、amazonファッション用品の返品手続きをしようと画面を進んでいったら

ヤマト運輸での返送料が500円かかる

と表示されたのだ。

えーーーー?

返品無料の商品だったはずなんだけどな。

うーん、納得いかない。

もしかして、Amazonからの何かのペナルティ

返品しすぎとか(汗)

いや、でもそんなに返品してないしな・・・

 

購入してから30日経過してる

ううん、してない。

 

なんで500円かかるんだーーーー?

 

この時の返品方法の選択肢として表示されたのは以下の3つだった。

  1. ヤマト運輸で集荷:返送料500円
  2. ヤマト運輸営業所に持ち込み:返送料0円
  3. その他の方法

ヤマト運輸営業所に持ち込みは返送料0円と表示されていたので、ファッション用品の返品に関わるルールでも変更されたのかな。

と思い仕方なしにヤマト運輸営業所に持ち込むか・・・と思った。

でも、納得ができなくてAmazonファッション用品の返品に関わるルールについて調べてみた。

特に返送料について集荷の場合は返送料がかかるようになったとかいう主旨のことはどこにもない。

うーん。

それでも、なんかおかしい気がする。

ダンボールも大きくヤマト運輸営業所に歩きや自転車で持ち込むのには大変そうだし、何とかならないものかと考えて一旦返品をキャンセルすることにしたのだ。

 

Amazonファッション用品返品を一旦キャンセルしてやり直し

返品無料となっていたファッション用品の返送料が500円かかると表示されるため、返品をキャンセル。

そして同じように申し込んでみた。

すると・・・

今度は「ヤマト運輸からの集荷で返品」という選択肢がなくなった・・・

一体どういうことだ。

Amazonファッショ用品で返送料500円請求される

↑ほら、ないでしょ!

  1. ヤマト運輸営業所に持ち込み
  2. その他の方法

返品方法はこの2択。

その他の方法からヤマト運輸の集荷を頼めばいいのか・・・?

でも0円と表示がないからそれも怪しいなと思うところ。

 

2回目の返品処理キャンセル。

2度も返品処理をキャンセルして大丈夫かなと思いましたが、特に問題はありませんでした。

 

Amazonファッショ用品で返送料500円請求される

 

Amazonファッション用品返品の返送料から500円がなくなった!?

ではAmazonファッション用品返品、2回目のやり直し。

Amazonファッショ用品で返送料500円請求される

きたーーーー!!!

ヤマト運輸での集荷 ¥0

正常に戻りしました(泣)

システムバグだったのだろうか・・・。

ヤマト運輸の集荷による返品、最初は500円の返送料がかかると表示されていましたが、返品処理のやり直しを経て返送料0円に戻りました

 

Amazonってクーポンが適用されなかったり、システム的にちょっと不安なところがある。

もし、管理人と同じようにAmazonファッション用品返品無料の商品だったのに、返品処理をしようとしたら返送料500円と表示されてしまったら、返品キャンセル(注文履歴から可能)をしてやり直してみることをおすすめする。

もし、返送料500円のまま手続きをしてしまったなら、カスタマーセンターに連絡してみてはどうだろうか。

クーポンが適用されていない時に後からクーポン適用処理などはしてくれるし、管理人の推測ではあるがAmazon側のシステム上の問題であれば、返送料500円の処理を訂正してくれるのではないかと思う。

【注意喚起!】Amazonの割引処理に気をつけて!

【これで解決!】Amazonでクーポンが割引適用されない時の対応方法を詳しく解説!


-Amazon, Amazonクーポン・割引
-,

Copyright© What Is Work For? , 2020 All Rights Reserved.