What Is Work For?

WEB初心者がはじめた覆面調査・ネットお小遣い稼ぎから、副収入、本格的な収入を稼ぐために日々あれこれ。お得な情報もまとめて掲載

Google Googleウェブマスターツール アフィンガー (Wordpress有料テーマ)

【エラーの大量発生】「送信された URL に noindex タグが追加されています」

投稿日:



【エラーの大量発生】「送信された URL に noindex タグが追加されています」

グーグルサーチコンソールのnoindexエラー

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)から下記のメールが届いた。

サイト〇〇で「カバレッジ」の問題が新たに検出されました

〇〇 の所有者様

Search Console により、貴サイトに影響する「カバレッジ」関連の問題が新たに 1 件検出されました。 「カバレッジ」は Google 検索結果で悪影響を受ける可能性がございます。 この問題をご確認のうえ、修正することをご検討ください。

新たに検出された問題:

送信された URL に noindex タグが追加されています

 

エラーが出始めた最初の原因

このメールが届き始めたのは、テンプレートをアフィンガーに変えてからのこと

アフィンガーに変えたサイトには「カバレッジの問題が新たに検出されました」という注意喚起メールが届くようになった。

最初にこの「カバレッジの問題が新たに検出されました」のメールを見た時は、すぐにGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)に飛んで確認。

エラーの内容はメールにあるように

送信された URL に noindex タグが追加されています

ということだった。

 

しかし、内容を確認するとアフィンガーの方でnoidex設定になっていると思われる「author」のページだった。

だから、まいっか。

って思っていたのだ。

 

テンプレートをアフィンガーに変えると「カバレッジの問題が新たに検出されました」という注意喚起メールが届くことが続いたので、詳細を確認しなくなっていた。

しかし!

複数のサイトのうち1つのサイトに、異変が起こっていることに気づいた。

大量のエラー発生。

 

noindexの量が半端じゃない

「author」のページだけがnoindexになっているとかいうレベルではなく、indexされるべき多くの記事のページに対してnoindexのエラーが検出されている状態

これは大変・・・

googleの検索にすべて引っかからなくなるって致命的。

noindexの大量エラーってこんな感じ。

google-noindex-error

テンプレートをアフィンガーに変えた時を境にどんどんnoidexタグエラーが出ている。

これはおかしい。

新しい記事とか書いている場合ではない!

 

ではどうやって、【送信された URL に noindex タグが追加されています】のエラーを解消させれば良いのだろうか。

まずは基本的な事項を再確認しておきたい。

noindexエラーに関する基本事項

noindexとは

Googleにインデックスされないように、つまり該当ページが認識されないように、検索結果にのらないように指定しているタグ。

前述にあった著者情報(author)のページやカテゴリーページなどにnoindexを意図的に指示することはある。

カバレッジとは

カバレッジ(coverage)とは対象範囲のことを意味しており、ITでは全体に対してどの程度網羅しているかという網羅率という意味でも使われる。

Googleでは「カバレッジの問題」という言い方をしているが、日本語に強制的に訳されている感が半端ない。

理解としては、全部indexすることを大前提とした時「この範囲にこんな問題が出ていますよ」とお知らせする意味で「カバレッジの問題」という言い方をしているという理解で良いだろう。

 

次はサーチコンソールでのステータスの意味を再確認しよう。

noindexエラー

エラー

ページはインデックスに登録されていません。

有効(警告あり)

ページはインデックスに登録されているか、最近まで登録されていましたが、気を付けておくべき問題があります。

有効

ページはインデックスに登録されます。

除外

なんらかの理由(通常はユーザーによる対処が不可能)によって、ページはインデックスに登録されていません。こうしたページはインデックス登録処理の途中段階にある可能性があります。

また、ページが(noindex ディレクティブなどを使用して)意図的に除外されていて、正しい動作であることもあります。

 

エラーには様々な理由があり、サーチコンソールではエラーの種類と対処方法の概要を紹介している。(googleの情報だけで解決できないのは常だけど)

その中で【送信された URL に noindex タグが追加されています】のエラーについてはこう記述されている。

 

送信された URL に noindex タグが追加されています: インデックスに登録するために送信したページのメタタグまたは HTML ヘッダーに、noindex ディレクティブがあります。このページをインデックスに登録するには、タグまたは HTTP ヘッダーを削除する必要があります。

 

以上が、エラー対処する上で確認しておきたい基本的な用語だ。

 

noindexエラー解消方法

では、【送信された URL に noindex タグが追加されています】のエラー解消法についてなのだが

ネット上で一番にあげられている原因が

プラグイン「All in One SEO」のサイトマップ設定のこと。

 

プラグイン「All in One SEO」の場合

検索結果に出てくるのは

プラグイン「All in One SEO」のサイトマップ設定のことばかりで

プラグイン「All in One SEO」を使っていない管理人にとっては全然解決にならない

プラグイン「All in One SEO」での対処方法は探せばすぐに出てくるのでここでは割愛。

 

サイトマップはプラグイン「Yoast SEO」を使っている。

ということは、プラグイン「Yoast SEO」の設定に問題があると考えるのが妥当と思い、あれこれと探してみた。

 

プラグイン「Yoast SEO」の場合

プラグイン「Yoast SEO」でのサイトマップの設定を確認しよう。

【画像のサイトマップ設定】

まず、Yoast SEOの設定から「Search Appearance」を開け「Media」タブを選択。

「Show メディア in search results?」が「はい」になっていたので「いいえ」にした

yoastSEOとno index

「Show メディア in search results?」とは

YoastSEOの説明

Not showing メディア in the search results technically means those will have a noindex robots meta and will be excluded from XML sitemaps. More info on the search results settings.

つまり、noindexになっている画像をサイトマップから除くかどうかについての設定項目だ。

「はい」:Showする→サイトマップにいれる
「いいえ」:Showしない→サイトマップから除外する

noindexなのにサイトマップに入ってしまうことで、サーチコンソールからエラーが沢山返されてしまうので、除外の「いいえ」を選ぶ。

 

画像と同様に次は、カテゴリーのサイトマップ設定も変更しよう。

【タグのサイトマップ設定】

「Search Appearance」を開け「タクソノミー」のタブを選択。

タグの欄でメディア同様除外の「いいえ」を選んで保存。

 

最後は、著者の設定も変更。

【著者アーカイブの設定】

noindexエラーauthor

「Search Appearance」を開け「アーカイブ」のタブを選択。

著者のアーカイブを除外の「いいえ」にする。

 

まずは【送信された URL に noindex タグが追加されています】の対策としてはここまで。

一旦これで再度検証をかけてその結果でまた対策を探すしかないかなと思います。

 

ただ、超疑問なのは他のサイトのYoastSEOは設定いじってないのに、こんなに大量のエラー出たりしないんだよね。

なぜ、このサイトだけ・・・

何か他に問題があるのか?

indexされないとか致命的すぎるし、アフィンガーでこの問題に直面している人の情報少なすぎだし・・・。

やれやれです〜。


-Google, Googleウェブマスターツール, アフィンガー (Wordpress有料テーマ)
-, ,

Copyright© What Is Work For? , 2019 All Rights Reserved.