What Is Work For?

WEB初心者がはじめた覆面調査・ネットお小遣い稼ぎから、副収入、本格的な収入を稼ぐために日々あれこれ。お得な情報もまとめて掲載

Amazonクーポン・割引 Amazon関連

Amazonの割引処理に気をつけて。

投稿日:



Amazonの割引処理に気をつけて。

Amazon割引されない

先日のAmazonプライムセールで、Tシャツなどを購入した管理人です。Amazonプライムセールでは、プライムセール適用の他に「チェックアウト時20%オフ」というのも実施しており、最終的な決済画面での割引も一部商品で実施していました。

Amazonプライムセールでファッション用品を購入したのですが、返品無料商品を選べば返品も可能なファッション用品。最近は買い物になかなか出れないこともあってこのAmazonのファッション用品返品無料サービスを使ったりしています。

Amazonプライムセールで10枚以上まとめ買いをしたわけです。Amazonでのお会計はこちら↓

Amazon割引されない

これが、実はクセモノで。

仮に注文した商品が10点だとして、それぞれの価格、割引内容、割引後の価格を知りたいと思いませんか?

福袋買ってるわけじゃあるまいし、1個1個の値段が大事なわけです。

なのにですよ。

注文履歴の詳細からは、なぜか各商品の定価が表示されている。これでは、一体いくらで各商品を購入したのか全くもってわからないわけです。

割引が合算表示・・・Amazon割引されない

もし、全商品20%オフ!とかだったら、これでいいですよ。でも、それぞれ割引率が異なっているのに、Amazonのこの注文履歴の表示方法はないでしょーって思いました。

例えば、下記商品を購入したら定価の4,104円が注文履歴に表示されていて、セール価格の1,952円とか、その後レジで20%オフになっているとかは全くもって注文履歴からはわからない。という状態。

Amazon割引されない

カスタマーセンターに「注文詳細が知りたい」と連絡しましたが、「割引はされているので大丈夫です」みたいなチンプンカンプンな回答が返ってきました。

最近のAmazonカスタマーセンターは中国名の方ばかり。もちろん、中には優秀な方もいるのでしょうし日本語が堪能ならいいですが、文章の日本語がおかしくてやりとりするのも辟易します。

もう一度「注文詳細が知りたい、各々の決済金額が知りたい」と連絡しましたが、今度は「商品ページで確認してください」という返答がAmazonカスタマーセンターから届きました。

もう話が通じなくて困りました。

商品ページで確認・・・?

Amazonを利用している人ならわかると思いますが、Amazonは在庫がなくなるとすぐに商品ページ情報が切り替わるようにできています。在庫がある場合は注文時と同じ商品情報をみれる場合もありますが、セール品は在庫数が少ないことも多く、後から商品ページを開けたからって自分が注文した商品情報を見れるとは限らないのです。

知ってか知らずか「商品ページで確認してください」と回答するとはカスタマーサービスではないな。と思いました。

Amazonで購入するときの割引適用って本当に要注意です。Amazonクーポンなんて、かなりの確率で割引適用されないですからね!!

というか、Amazonクーポンが高確率で適用されないことを知っているので、今回の割引も本当に割引適用されてるの?

って思ってました。

だから、注文詳細が知りたかったんです。
割引されてない可能性あるなと。

Amazon利用してますけど、大分信用落ちてきました。

自分は面倒でも、Amazonクーポン使うときは毎回スクリーンショットとってます。今回の経験で、クーポン使わない割引適用でも会計時のスクリーンショットは必須だなと思いました。

Amazonの注文履歴からは詳細確認できないんですから。これってかなり不親切だなぁとモヤモヤした気持ちを抱えた管理人でした。

Amazonのカスタマーサービスに改善を求めても仕方ないので、Amazonの注文で割引やクーポンが絡むときはスクリーンショットをとっておきましょう。

 

この記事を読んだ人に読まれています

-Amazonクーポン・割引, Amazon関連

Copyright© What Is Work For? , 2019 All Rights Reserved.