インターネット回線・TV回線 フレッツ光からソフトバンク光への転用

フレッツ光の違約金と、ソフトバンク光BBユニットの無線LAN設定方法について[フレッツ光から転用で契約した]

フレッツ光からソフトバンク光へ転用する契約をしました。家電量販店で、『ソフトバンク光にしたほうが、絶対安い!』『しかも、今フレッツ光を使用しているなら、工事もいらないから簡単!』といわれて、契約をしました。

ソフトバンク光+オプションでスマホが月々1,500円安くなる。というスマート値引きが適用できると聞いたのがきっかけでした。

フレッツ光からソフトバンク光へ転用することになったわけですが、その際の無線LANの設定方法についてまとめたいと思います。

フレッツ光の実際の違約金について知りたい!

記事最下へジャンプ

 

光BBユニットが届く

契約後、ソフトバンクから光BBユニットが配送で送られてきました。フレッツ光から転用するだけなので、立会工事などは不要です。

NTTの契約プランが『ギガファミリー・スマートタイプ』『ギガマンション・スマートタイプ』の場合は、それまで利用していたNTTのルーターもそのまま無償レンタル出来ます。

管理人は、『ギガマンション・スマートタイプ』の契約です。

届いた光BBユニットとNTTのルーターの両方をこれからは使うことになります。機器が増えるのはちょっと面倒ですね。転用ですから、NTTの回線をソフトバンクBBユニットで借りる、そんな感じです。

では、早速光BBユニットの設定方法について。

 

光BBユニットの設定方法

光BBユニットには、

  1. E-WMT2.1
  2. E-WMT2.2
  3. E-WMT2.3

の3つの型番があります。型番によって設定方法が異なりますので、まずは光BBユニットの型番を確認しましょう。

ソフトバンク光BBユニットの設定

型番は、光BBユニット本体に記載されています。

ソフトバンク光BBユニットの設定

光BBユニットの型番別のセットアップ方法は、http://ybb.softbank.jp/support/sbhikari/connect/bbunit.php のページに詳しい手順が書かれています。

基本的に、このページの方法に沿って行うことで光BBユニットの設定はクリアできました。

ソフトバンク光BBユニットの設定方法

ちなみに最初の手順では、[ http://172.16.255.254/] にアクセスして[セットアップメニュー]画面を表示します。

光BBユニットの設定画面

ソフトバンク光のBBユニットの設定

フレッツ光での無線LANがこの時点でまだ繋がっているはずなので、その無線LANを利用して光BBユニットの設定を行ないます。

間違えても、光BBユニット設定前にフレッツ光を解約しないでくださいね!

もし、フレッツ光での無線LANが使えない場合は、有線LANでネットをつなぐ必要があります。

光BBユニットの設定を進んでいくと、無線LANのセットアップメニューも出てきます。

 

無線LAN設定後、上級者向け設定

光BBユニットの設定が一旦終了すると、セットアップメニューを開く必要はほとんどないのですが、上級者が無線LANの設定を変えたいと思ったときには、同じくセットアップメニューから入ります。

http://172.16.255.254/

ソフトバンク光のBBユニットの設定

光BBユニットの無線LAN設定メニュー

 

パスワードとIDは、光BBユニットの型番別セットアップ方法のページhttp://ybb.softbank.jp/support/sbhikari/connect/bbunit.php に記載されています。

正直、上級者メニューをいじったことないのですが、ソフトバンク光BBユニットを介した無線LANに不具合が生じたときなどに知っておくと良いかもしれません。

無線LANの周波数、2.4GHzと5GHzがありますが、この2つのどちらを利用するか、両方利用するかの設定なども上記のページで可能です。

下記のような場合に、上級者メニューの設定変更が活きてくるそうです(ソフトバンク光BBユニットくわしい設定より)

  • 2.4GHz帯を無効にして、5GHz帯だけを利用したい。
  • 利用する無線チャンネルを変更したい。(他の無線アクセスポイントからの電波干渉により通信が安定しない場合など)。
  • 利用できる通信規格(IEEE802.11ac/n/a/g/b)を制限したい。

 

次は、知っておきたい無線LANの2つの周波数『2.4GHzと5GHz』について。

無線LANの周波数、2.4GHzと5GHzはどちらを使うべきか

無線LANの周波数、2.4GHzと5GHz。と言われても、ピンとこない管理人。違いもわからない!

セットアップでつまずいた際にソフトバンク光のサービスセンターに電話サポートしてもらったのですが、5GHzを通常使うと良いとのこと。5GHzの方が通信速度が速いんですって。

▼ネットワークは5GHzを優先して使おう

光BBユニットの機器や契約プランによるのかもしれませんが、管理人の光BBユニットでは、無線LANの周波数2.4GHzと5GHz夫々設定することができました。

普段は、5GHzを使ってます。実際に、周波数2.4GHzになっていると、速度遅いです。ネット遅いな〜と思うと、5GHzから2.4GHzのネットワークに変わってたりして。

 

▼5GHzの欠点は、物理的障害物

5GHzにはちょっと欠点があって、物理的に遮断されると通信速度が遅くなってしまうこと。つまり、壁!ですよね。

光BBユニットをリビングに設置してある我が家は、寝室で使う時は、5GHzのネットワークをキャッチしにくいです。

 

▼唯一困ってる点は、スマホでの通信速度

パソコンでは、どのネットワークに優先して繋げるか?をあらかじめ設定することができます。(ネットワークの詳細設定にて)

しかし、iPhoneなどのスマホでは、優先ネットワークを設定出来ないんですよね〜。だから、壁に遮断された寝室なんかでは、5GHzネットワークがキャッチできず自動で周波数2.4GHzのネットワークに繋がることがとても多い。

そして、周波数2.4GHzの時は通信が遅い。静的なwebページの読み込みでも遅いです。動画は、5GHzじゃないとスムーズに見れません。

唯一困ってる点は、使う場所によって周波数2.4GHzに切り替わってしまう点です。

無線LANの周波数、2.4GHzと5GHzの違いや使い分けについて参考になるページ?

 

最後に、フレッツ光のOCN側の処理について。

フレッツ光はどうすればいいのか

フレッツ光の後処理について、行うべきことは2つ。

必ずソフトバンク光BBでの無線LAN接続が完了してから行ってください!

  1. フレッツ光レンタルルーター設定の変更
  2. フレッツ光の解約
まずは、
  1. フレッツ光レンタルルーター設定の変更について

フレッツ光でレンタルしているルーターの設定画面にアクセスして、これまで使ってきた無線LANの削除を行った方が良いそうだ。

良いそうだ、というのは、そのようにサービスオペレーターから聞いたから。過去の無線LAN設定が残っていると、そのネットワークに繋ごうとしてしまうことがある。

ソフトバンク光BBのネットワークを優先設定しているのに!

管理人もこの状態に陥り、ソフトバンク光のサービスオペレーターに連絡することになったのだ。

問題がない場合もあるのだが、過去のネットワーク設定は不要になった時点で削除しておくとスムーズに新しく設定した無線LANに接続しやすいようだ。

ちなみに、フレッツ光のルーター設定画面ってなに?ってなった方。

フレッツ光の設定画面

ルーターを最初に設定した時に開いた、こんな画面覚えてますか?

ルーターの機種によって設定画面のwebアドレスが異なるので、NTT東日本ルーター機種別設定ページ一覧でご自身のルーター機種番号を確認して、設定画面を開いてください。

ルーター機種は、ルーター本体を見れば記載されています。

次は、(2) フレッツ光の解約について。そして、違約金の話も一緒にしちゃいます。

フレッツ光の解約と違約金

プロバイダによっても異なるかもしれないですが、管理人はOCNでフレッツ光を使っていた。月内だったらどこで解約しても、当月までの料金は発生する。つまり、日割りはされないので、しっかりとソフトバンク光BBの設定が終わってから焦らずに解約したい。(月末だったら焦るか・・・)

フレッツ光の解約は、電話するだけでできました。ちなみに、管理人はフレッツ光で2年割を契約していたので、違約金が発生した。

▼フレッツ光の違約金

フレッツ光の2年割を残して解約した結果、発生した違約金は6,200円。ソフトバンク光BBを契約する際にもフレッツ光の2年割の違約金は、頭にありました。

だけど、それよりもソフトバンク光BBにした方が、スマート割で結果的にはインターネットにかかる費用が下回ることがわかったので、ソフトバンク光BBへの転用に踏み切ったのです。

フレッツ光の違約金明細

フレッツ光の2年割違約金

光フレッツ違約金 5,000円
2年割違約金    1,200円

違約金合計    6,200円

 

どれだけ2年割が残っていたかというと、1年も残ってました。

光フレッツ違約金5,000円は、OCNのプロバイダ違約金です。

 

これも、契約から2年以内に解約した場合にかかるものです。

自分は、OCNフレッツ光からソフトバンク光BBへの転用を、店頭で比較的サクッと決めてしまったのですが、キャッシュバックを行なっている正規代理店を通した方が断然お得

口コミ評判から管理人が独自で選んだソフトバンク光正規代理店3つ
いずれもフレッツ光からの転用可能です!

 

1.正規代理店STORY

キャッシュバックの振込が早い

2.正規代理店LifeBank

転用・乗り換えがおトク【SoftBank 光】

3.正規代理店NEXT

SoftBank光なら【SoftBank光.net】転用でもキャッシュバック

ソフトバンク光の上記3代理店は、契約数上位の模様なので、その分利用者が多く安心感があること。キャッシュバック額が大きいこと、独自でキャンペーンを売っていることを理由に選びました。

-インターネット回線・TV回線, フレッツ光からソフトバンク光への転用