What Is Work For?

WEB初心者がはじめた覆面調査・ネットお小遣い稼ぎから、副収入、本格的な収入を稼ぐために日々あれこれ。お得な情報もまとめて掲載

Wordpress便利プラグイン情報 ページ表示速度高速化プラグイン

WP Fastest Cacheプラグインの設定まとめ。

更新日:



WP Fastest Cacheプラグインの設定まとめ。

WP Fastest Cacheキャッシュプラグイン

『WP Fastest Cache』

 

WordPressのキャッシュプラグインといえば『WP Fastest Cache』といわれるほど、

利用者数が多い『WP Fastest Cache』プラグイン。

 

では、早速プラグインをインストールして設定開始。

したいところだが、その前に1つだけ注意点。

 

キャッシュプラグインをインストールする前の注意点

キャッシュプラグインは他のプラグインとの相性が合わないと

運営サイトが致命的な状態に陥ることがある(らしい)。

画面が真っ白になったとか、ログインできないとか

そういう類のトラブルに合うこともある。

 

だからこそ

キャッシュプラグインが本当に必要か

 

つまり、

ページ表示を高速化が必要な状態なのか

 

というのは見極めるべきだ。

 

これが難しいのだけど、運営まもないサイトはキャッシュプラグインは必要でないことも多い。

アクセス数が多くなってきてから、必要なプラグインがキャッシュプラグインなのだ。

必要でないプラグインは、入れない!

 

これに限る。

しかし、管理人ククイのとある運営サイトは、

なんと!平均ページ表示速度が、15秒前後という劇的に遅い数字を持っている(汗)

 

Google Analytics

GoogleAnalyticsサイト表示スピード

ページ表示速度を調べる機能についての記事はこちら

 

サイト表示を高速化させるために、キャッシュプラグインが必要なのだ。

さて、本題の『WP Fastest Cache』プラグインをインストールして設定開始しよう。

 

『WP Fastest Cache』プラグインのインストールと設定

『WP Fastest Cache』プラグインをインストールし、有効化を行うとメニューバーにチーターアイコン付きの『WP Fastest Cache』が表示されるのでクリックをして設定開始。
プラグイン『WP Fastest Cache』の設定画面

WP Fastest Cacheキャッシュプラグイン

 

まずは、英語表示から日本語表示に変更

 

WP Fastest Cacheの設定

基本設定:チェックは全部入れる!

 

チェック出来ないものは有料なので、この時点ではスルー。

『WP Fastest Cache』プラグインは、全てチェックを入れてしまってOKなのだが、

選択画面が3つ程出てくるのでそれらの設定を個別に確認しよう。

 

▼ (選択項目1) Preload:Create the cache of all the site automatically

"Pre load":『キャッシュを自動的に先に作りますか』

WP Fastest Cacheの設定preload

Preloadにチェックを入れた際に、ポップアップで表れるチェックボックスは『どのページのキャッシュを作るか』選ぶもの。

TOPページ(Homepage)・固定ページ(Post)・Categories(カテゴリー)・投稿ページ(Pages)、基本は全てチェックでOK。

4 pages per minuteは、1分間に4ページキャッシュを作りますよ、という意味。

これも基本このままでOK。

 

▼(選択項目2) 新しい投稿:Clear cache files when a post or page is published

"新しい投稿":『新しく投稿をした時に、キャッシュをクリアしますか』

WP Fastest Cacheの設定 新しい投稿

新しく固定ページや投稿ページを作成した時には、

サイト全体の最新情報をキャッシュに反映させた方が良いので、『Clear All Cache』を選択。

 

▼(選択項目3) Update Post:Clear cache files when a post or page is updated

"Update Post"(記事更新)の意味:『固定ページや投稿ページを更新した時に、キャッシュをクリアしますか』

WP Fastest Cacheの設定 新しい投稿

1つ前の項目は、記事を新規投稿した時にキャッシュクリアをするかどうかを決めるチェックボックスだったが

今度は『更新』した時です。

記事を少し修正したなどの更新の場合は、サイト全体のキャッシュクリアは必要ありません(サイトマップやカテゴリーにも影響がないので)。

そのため、ここでは、更新したページだけのキャッシュをクリアする項目を選ぶ。

『WP Fastest Cache』プラグインの設定まとめ

WP Fastest Cacheの設定まとめ

基本設定:チェックは全部入れる!

  •   Preload:4つ全て(Homepage・Post・Categories・Pages)にチェック。4の数字はそのままでOK。
  • 新しい投稿:Clear all cacheを選択したままでOK。(既定値)
  • Update Post:Clear  cache of post . pageを選択したままでOK。(既定値)

以上、『WP Fastest Cache』プラグインの設定画面での設定でした。

 


この記事を読んだ人に読まれています

-Wordpress便利プラグイン情報, ページ表示速度高速化プラグイン
-, , , ,

Copyright© What Is Work For? , 2019 All Rights Reserved.