宅配クリーニング 宅配クリーニングの比較・ランキング

【礼服・ダウンコートを出すならどちら?】「リネット」「リナビス」の料金比較してみた![宅配クリーニング]


クリーニング料金が高い『礼服』『ダウンコート』を
リネットとリナビス で料金を比較して
実際に出してみた。

宅配クリーニング「リネット」と「リナビス」の比較

クリーニング料金が高い「礼服」「ダウンコート」にスポットを当てて、定評のある宅配クリーニング「リネット」と「リナビス」を比較しました。

「礼服」や「ダウンコート」ってクリーニング代が高いですよね。

もう街中クリーニングを長らく使っていない管理人(理由はこちらの記事)は、礼服とダウンコートを宅配クリーニングで出そうと思って料金表をみていました。

候補は人気の高い宅配クリーニング「リネット」と「リナビス」

さあどちらにしよう?

「リネット」と「リナビス」どちらも利用したことがあり品質的にはどちらも合格ライン。では、あとはクリーニング料金だなというところ。

そこで、「リネット」と「リナビス」の礼服やダウンコートの実際のクリーニング料金を比べて、最後に管理人はどのような理由からどちらの宅配クリーニングに注文することに決めたのか?を公開したいと思います。

礼服やダウンコート、クリーニング料金の高いデリケート素材のお洋服などを宅配クリーニングで出そうと思っている方、必見の記事です

 

まずは初めに、「リネット」と「リナビス」について基本情報を確認しておきましょう。

宅配クリーニング「リネット」について

リネット(Lenet)衣類

  • 単価型料金の宅配クリーニング
  • 通常会員とプレミアム会員の2種類あり
  • 頻繁にクリーニングを出す人向け
  • プレミアム会員がおすすめ
  • 初回利用者特典あり(プレミアム会員費無料)
「リネット」宅配クリーニングは、単価型の宅配クリーニング(街のクリーニング店と同様の料金方式)のため普段からクリーニングを定期的に利用する人におすすめの宅配クリーニング
週に1回や2週間に1回など、定期的にクリーニングを出す場合には、送料基準などを考えるとプレミアム会員が断然使いやすい。プレミアム会員費は月額税抜390円。プレミアム会員ではあれば、早朝・夜間の受取りも可能、宅配でありながら翌日受取りが可能、とかなり充実したサービスが受けられ、忙しい方にぴったりなサービスだ

現在、これまでにないくらい初回利用者特典が充実しています!間違いなく始めるチャンス!!
①1年間送料無料 ②プレミアム会員費翌月まで無料 ③初回料金30%OFF
リネット初回利用キャンペーンページ入口

宅配クリーニング「リナビス」について

リナビス

  • パック型料金の宅配クリーニング
  • 日本全国送料無料
  • 衣類クリーニング3点から可能!
  • 衣類クリーニング最大20点コースあり
  • 8つの無料おせっかい(サービス)が魅力
  • クーポンが充実
  • 最大12ヶ月の衣類保管が無料サービス!
  • 衣類以外に、布団・カーテン・絨毯・ぬいぐるみ などのコースも充実
「リナビス」宅配クリーニングは、パック型料金制ということもあり【季節の変わり目】などまとめてクリーニングを出す際におすすめの宅配クリーニング。衣類は3点からクリーニング可能。
「リナビス」宅配クリーニングを運営しているのは創業60年の老舗クリーニング(東田ドライ)。リナビス衣類クリーニングの大きな特徴は【8つの無料おせっかい】
今や宅配クリーニングで主流ともなった無料付帯サービスの先駆けがこの「リナビス」。シミ抜きは勿論、ほつれ直し、毛玉取り、12ヶ月の衣類保管までもを無料で請け負う
また、クリーニングコースが多いのも特徴で、衣類コースだけでも保管だけのコースやビジネススーツコース・着物コースなどが用意されており、衣類以外では布団・靴・カーテン・絨毯・鞄・ぬいぐるみなどのクリーニングも可能。

リナビス初回利用ですぐにクリーニング料金に使える550Pプレゼント!リナビスはキャンペーンが充実!
リナビス初回利用者キャンペーン入口

 

「リネット」と「リナビス」で押さえておくこと

ポイント解説

宅配クリーニング「リネット」と「リナビス」それぞれの概要を確認しましたが、「リネット」と「リナビス」の最も大きな違いは料金体系です。

  • リネット」→洋服ごとにクリーニング料金の異なる単価設定型
  • リナビス」→5枚○○円と何をだしても一律料金のパック設定型

「リナビス」は5枚○○円などと、パック料金なので例えば礼服5枚でも、ダウンコート5枚でも同じ料金です。

一方、 「リネット」はいわゆる街のクリーニング店と同じ料金体系で、礼服・ダウンコートそれぞれ種類によって1枚あたりのクリーニング料金が設定されています。

 

実際にクリーニング出します!

礼服の宅配クリーニング

さあ、今回の記事のテーマは「礼服とダウンコートをクリーニングに出すならリネットとリナビスどちらがいいか?」でした。

実際に管理人が出したい衣類はこちら。

・礼服4枚(紳士物上下2着,女性物2着)

・ダウンコート1枚

「リネット」と「リナビス」のただの比較記事ではなくて、実際に管理人が自分の礼服とダウンコートを出す上でどちらが良いのかを選んでいくので、当然シビアになります。

さあ、具体的に「リネット」と「リナビス」のクリーニング料金を見ていきましょう!

 

まずは「リネット」での礼服クリーニング料金です。

宅配クリーニング「リネット」
礼服のクリーニング代、いくら?

リネットの礼服クリーニング料金

宅配クリーニング

リネット」での礼服・ダウンコートのクリーニング費用は、いくらなのでしょうか。

まずは、礼服のクリーニング代から実際に見てみましょう。

通常コース 贅沢手仕上げコース
礼服(ボレロ)  980円
(税込 1,078円)~
1,680円
(税込 1,848円)~
礼服(略式礼服ジャケット) 950円
(税込 1,045円)~
1,650円
(税込 1,815円)~
礼服(タキシード / モーニング) 2,630円
(税込 2,893円)~
3,330円
(税込 3,663円)~
礼服(スラックス / パンツ) 660円
(税込 726円)~
1,360円
(税込 1,496円)~
礼服(スカート) 660円
(税込 726円)~
1,360円
(税込 1,496円)~
礼服(ワンピース) 1,230円
(税込 1,353円)~
1,930円
(税込 2,123円)~

リネットのクリーニング料金表

礼服一つとってもこれだけ分類されているので、まず料金を確認するのが大変だなという印象を持ちます

男性の場合、女性の場合、それぞれ礼服のクリーニング料金例を算出してみました。

端数がない方がわかりやすいので記事内では統一して税抜価格で計算していきます。

「リネット」における男性の礼服クリーニング料金例

950円(略式礼服ジャケット) +660円(礼服スラックス) =1,610円(税抜)

「リネット」における女性の礼服クリーニング料金例

1,230円(礼服ワンピース) +980円(礼服ボレロ) =2,210円(税抜)

贅沢手仕上げコースを選ぶことも可能です。価格は1.5倍程度になります。

【贅沢手仕上げコース】

特別な加工剤を生地にコーティングすることで、花粉やほこり、静電気をブロックし、素材本来のツヤやハリ、しなやかさを再現します。職人が素材やデザインに合わせて、1点1点手作業で仕上げをおこなうスペシャルコースです。

クリーニング後は、不織布(半面)の専用カバーに入れてリネットオリジナルの防虫剤と一緒にお届けしますので、そのまま保管していただけます。

お客様が大切にしている衣類を長持ちさせるための「衣類の本格メンテナンス」として、ぜひご利用ください。

リネット公式HP」より

【注意】素材別追加料金

タキシードやモーニングなどの場合以外はそれほど高い価格設定ではないのですが、気を付けたいのは「リネット」では素材別にプラス料金がかかってくることです。

そのため料金表では価格の後ろに"〜"がついています。

素材別追加料金 クリーニング追加料金
デリケート素材 200円
装飾品 200円
その他 200円〜

礼服ですとシルク素材であることも多いですよね。また女性の礼服にはレースやフリルがついている場合も多々あります。その場合「リネット」では、追加のクリーニング料金がかかる仕組みとなっています。

更には、「リネット」の料金確定はクリーニングが終わってからです。例えば検品段階で「今回のクリーニング料金は○○円です」というようにお知らせなどはありません。そのため、礼服のように細かくクリーニング料金が設定されている衣類や、高級素材の場合には想定よりも請求されたクリーニング料金が高かったということが起こりうるので注意が必要です。

【料金が確定するタイミング】

リネットではクリーニング料金の見積もりはお出ししておりません。

確定したご利用料金(請求金額)と明細を、お届け予定日の3~4日前(お急ぎ便の場合には、お届け予定日の当日~2日前)に、ご登録のメールアドレス宛にお送りいたします。

リネット公式HP」より

リネットのクリーニング料金(礼服)

今回、管理人が実際にクリーニングに出す予定の礼服、「男性1着(上下)・女性1着(上下)のシルクの礼服」をリネットでクリーニングに出した場合の4着の合計クリーニング料金を計算してみました。

基本料金 追加料金 合計
男性礼服ジャケット 950円 200円 1,150円
男性礼服スラックス 660円 200円 860円
女性礼服ワンピース 1,230円 200円 1,430円
女性礼服ボレロ 980円 400円 1,380円
合計 4,820円(税抜)

ざっと計算して、礼服2着(上下で4着)で税抜4,820円です。

追加料金が気になるものの礼服だけの料金では高すぎる印象はありません。

リネット公式

 

次は「リネット」でダウンコートを出した場合のクリーニング料金を見てみましょう。

宅配クリーニング「リネット」
ダウンコートのクリーニング代、いくら?

宅配クリーニングでダウンコートを出す

「リネット」のダウンコート料金はこちらです。

リネットのクリーニング料金表

通常コース 贅沢手仕上げコース
ダウンベスト  2,280円
(税込 2,508円)~
2,980円
(税込 3,278円)~
ダウンジャケット 2,850円
(税込 3,135円)~
4,350円
(税込 4,785円)~
ダウンコート  3,150円
(税込 3,465円)~
4,650円
(税込 5,115円)~

【注意】素材別追加料金

礼服と同じように、今度はダウンコートでは付属品の追加料金に要注意です。素材やファーなどの付属品によって追加料金がかかります。

付属品別 クリーニング追加料金
一部革素材 200円
付属ライナー 200円
付属ダウンライナー 1,000円
フェイクファー/フェイクボア 1,000円
付属毛皮フード 4,000円
袖口毛皮 5,000円

ダウンコートにファーやボア、一部革製品が付いているのはよくあることです。宅配クリーニング「リネット」では、ダウンコートの付属品に追加料金が全てかかってきます。ファーやボアがフェイクでしたら追加料金+1,000円で済みますが、リアルファーの場合毛皮料金としてフードだけでも+4,000円かかります。

素材に配慮したクリーニングをする面ではいた仕方ないのかもしれません。高級ダウンだったらこの程度だしても惜しくないです。ただ、結構今回は結構着込んだダウンコートということもあり4,000円プラス料金が高く感じてしまいます。

リネットのクリーニング料金(ダウンコート)

今回クリーニングに出したいと思っていたダウンコートは、フードにリアルファーがついているタイプです。

基本料金 追加料金 合計
リアルファー付
ダウンコート
3,150円 4,000円 税抜7,150円

リネットでリアルファー付きのダウンコートをクリーニングに出そうと思うと、税抜7,150円かかります。

繰り返しになりますがモンクレールやカナダグースなどの高級ダウンだったらこの程度だしても、惜しくありません。しかしながら今回は比較的年季の入ったダウンコートを出すこともあり、税抜7,150円となると高く感じてしまうところです。

フェイクファー付ダウンコートですと、1着税抜4,150円です。

 

ここまで宅配クリーニング「リネット」について詳しくみてきました。

次は「リナビス」のクリーニング料金を確認してみましょう。

宅配クリーニング「リナビス」のクリーニング料金

宅配クリーニング「リナビス」

宅配クリーニング「リナビス」はパック料金でしたね!

5枚パックは税抜8,550円(税込9,405円)です。

何を出しても料金が一律料金なので、礼服4枚とダウンコート1枚を出してもこの料金です。

「リネット」の料金の分かり難さに対してパック料金は料金の明瞭さが良いです。

 

さあ、ここまで礼服・ダウンコートのクリーニング料金がそれぞれで出そろったところで、「リネット」と「リナビス」どちらかに決めるための総合的な料金比較をしていきたいと思います。

「リネット」と「リナビス」のクリーニング料金を比較!

礼服とダウンコートのクリーニング料金が「リネット」「リナビス」礼服4枚とダウンコート1枚を出した場合「リネット」と「リナビス」どちらが安いのか料金を比較してみましょう!

リネット リナビス
礼服男性ジャケット 1,150円 5枚合計
税抜8,550円(税込9,405円)
礼服男性スラックス860円
礼服女性ワンピース1,430円
礼服男性ボレロ1,380円
ダウンコート 7,150円
5枚合計 税抜11,970円
(税込12,867円)

価格的には「リナビス」が圧倒的に安いです

リアルファー付きダウンコートが響いていますね。

フェイクファーだった場合は、リネットとリナビスで価格差はあまりなく、リネットが約500円高い程度です。

リネットで素材や付属品まど追加料金が入るか否かでかなりクリーニング料金が左右されることがよくわかります。

 

送料について

さらに注意しておきたいのは送料についてです。

送料
リネット 金額により追加送料がかかる
現在は
プレミアム会員1,900円以上で送料無料
通常会員10,000円以上で送料無料
リナビス パック料金のみで追加送料なし

リナビスはパック料金に追加して送料がかかることはありません。

一方、リネットは送料基準ラインがあるので、その点を確認する必要があります。また、通常会員か月額有料のプレミアム会員かでも送料基準が異なります。

プレミアム会員を検討している方は送料基準ラインが低いのでまだ良いのですが、通常会員の場合は送料無料基準が高いのでこの点気をつけてください。

リネットの利用が初めての場合には初回限定特典としてプレミアム会員費無料キャンペーンなどを実施していますので賢く利用すれば送料もプレミアム会員費もかからなくて済みます。

リネット公式

 

【結果】リネット・リナビスどちらに出した?

宅配クリーニングリナビスの再仕上げ

では、「リネット」「リナビス」どちらに礼服とダウンコートをクリーニングに出したのでしょうか?

結果は

リナビスにクリーニングを出しました

リナビスの方が3,000円以上のお安かったことが決め手でした。

今回出すダウンコートは年季のはいったものだったので、リネットのクリーニング料金が高く感じてしまいました。

それと、「リネット」料金確定が事後なのも不安要素になります。素材別の追加料金や付属品などを一つ一つ考えるのも手間に感じました。

一方リナビスは5枚パック税抜8,550円(税込9,405円)と決まっている為、料金の明瞭さに安心感も感じました。

今回リネットではダウンコートのクリーニング料金が高くでたこともあり、もし、礼服だけだったらリネットを選んでいた可能性があります。

 

仕上がり品質はどうなの?というと、「リネット」「リナビス」ともに利用したことがあったので、どちらにも不安要素はありませんでした。

 

【まとめ】リネット・リナビスの礼服・ダウンコート比較

ポイントの解説

ポイントを最後にまとめておきましょう。

  • ダウンコートを出すならリナビスが安価
  • リネットは高級ダウンだったら割に合う
  • リナビスは追加送料がかからない
  • 礼服だけならリネットでも良さそう(ただし追加料金に注意)
  • リネットは送料がかかる可能性あり
  • リネット初めて使うならプレミアム会員費を無料で試せる特典を使うべき

どちらの宅配クリーニングが気になりましたか?

「リネット」「リナビス」それぞれのお得情報は下記の記事でお見逃しなく!

【パック型一律料金/保管サービス無料】宅配クリーニングの「リナビス」
宅配クリーニング『リナビス』のクーポンコード情報

宅配クリーニング「リネット衣類」公式キャンペーン
【最新版】宅配クリーニング「リネット」で使える割引クーポンコード/知っておきたいポイント解説【洋服の宅配クリーニング】


この記事を読んだ人に読まれています

-宅配クリーニング, 宅配クリーニングの比較・ランキング
-, ,

© 2021 What Is Work For?