覆面調査とモニター

マクドナルドなどの覆面調査ができる「GBW(旧ギャップバスター)」でミステリーショッパーした感想。


マクドナルドなどの覆面調査ができる「GBW(旧ギャップバスター)」でミステリーショッパーした感想。

覆面調査GBW(旧ギャップバスター)

マクドナルドやケンタッキーフライドチキンなどを覆面調査できることで知られているGBW、旧ギャップバスター。

覆面調査では調査項目に従って調査を行い、レポートや写真などを提出することで謝礼をもらうことができるので、食事などを安く済ませることができると人気だ。

そこで、管理人が実際にGBW(旧ギャップバスター)でミステリーショッパー調査員をして感じたことをこの記事にまとめた。

ちなみに調査員のルールとしてどこの会社を調査したのかを公開しないのは当然のことなので、この記事に名前を出しているマクドナルドやケンタッキーフライドチキンではないことは明言しておこう。

覆面調査をしてみたい!どこに登録すればいいの?という方は「覆面調査(ミステリーショッパー)って実際どーなの!?覆面調査会社を全まとめで注意点も公開!美容院も居酒屋もあるよ!」の記事を参考に。

 

GBW(旧ギャップバスター)覆面調査の特徴

マクドナルドやスターバックス、ケンタッキーの覆面調査

覆面調査会社によって案件やレポートの提出方法に違いがあるのだが、GBW(旧ギャップバスター)覆面調査の特徴はこうだ。

  • 誰でも知っている大手会社の覆面調査がメイン
  • ミステリーショッパーの指定条件が細かい
  • レポートが細かく時間がかかる
  • カスタマーセンターに連絡がとりにくい
  • 謝礼と実費がトントンのことが多い

誰でも知っている大手会社、そう冒頭にも書いたマクドナルドやケンタッキー。

画像はGBW(旧ギャップバスター)で公開している覆面調査の対象店舗。

ニューバランスやリーバイスの調査なんかもある。

有名チェーン店が多いことからGBW(旧ギャップバスター)の調査は人気がある反面、レポートが細かい、カスタマーセンターに連絡が取りにくいという点もある。

 

次は、管理人がGBW(旧ギャップバスター)で実際に覆面調査員として調査を行なった感想をまとめた。

 

GBW(旧ギャップバスター)覆面調査の感想

imac

GBW(旧ギャップバスター)で実際に覆面調査をしてみて思ったことは、外資系の会社だということもあるのか、報酬の割に要求していることが多い印象だ。

指定期間内に調査レポートが提出できなかったり指定条件を満たさなければ、報酬が支払われないというのは覆面調査ではごく一般的ではあり当然でもあるが、調査内容によっては指定条件がどうしても満たせない場合がある。

通常、調査レポートを提出するにあたって困ったことがある場合カスタマーセンターに連絡できたり、どうしようもない理由の場合は考慮してくれる覆面調査会社も多くある。そんな中で、GBW(旧ギャップバスター)は一つのミスも許さない!そんな印象を受けた。

例えばこんな調査があった。

GBW(旧ギャップバスター)でとある案件のミステリーショッパーを行った際に、夕食の時間帯に行う内容だったのだが、当日中にレポート提出というタイトなスケジュール。

帰宅後調査レポートを入力しようと、GBW(旧ギャップバスター)の画面を開けるとシステムの関係かレポート入力画面に入れない。なんてこった。しかも、入力を進んでいってもフリーズする。

提出画面が押せない!焦る・・・・。結局、当日中にシステム直らずレポート提出できなかったのだ。普通の覆面調査会社なら、これは会社側のミスであり、なんら調査員側にはミスがないのでカスタマーサポートに問い合わせれば済む話だ。

でも、GBW(旧ギャップバスター)は違った。

 

初めて覆面調査をする方、初めての覆面調査会社での心得

想像してみてほしい。

先ほど例に出した、GBW(旧ギャップバスター)で夕食時間帯の調査をした。ミステリーショッパーで夕食費が浮いてラッキー!レポート書くのも苦手じゃないし、何より美味しい夕食が少しの出費で食べれるんだもん!(この調査は謝礼より実費が上回った)

あとは、レポートをしっかり書いて終わりね!これが調査を受ける時の感覚。やったね!って感じ。

覆面調査

だけど、先ほど書いた通りGBW(旧ギャップバスター)では覆面調査後レポートを提出しようと思ったら、レポート提出できないトラブルが発生し、最終的に謝礼支払われるのか?と不安になった。美味しい夕食のあとに、ヤキモキしてしまった。気分は台無し。そして、とにかく面倒・・・。そして、この状態では謝礼が支払われるのかすらわからない。

こんなことなら、最初からこんな覆面調査やるんじゃなかった!そう思った

覆面調査の報酬の多くは、実際にかかる費用とトントンで実費が出ることもある。だからこそ、調査は楽しくやれるものを選びたいし、レポートはスムーズに提出できて、謝礼はしっかり払われると安心できる会社を選びたいものだ。

GBW(旧ギャップバスター)では条件やレポートで多くを求められる割に、実費とトントンの謝礼、もしくは足が出ることも多い・・・、そしてカスタマーサポートもあてにならない。そうなると、割に合わない・信頼できない、と感じてしまった。

外資系覆面調査会社のGBW(旧ギャップバスター)、良い面もあるが私には合わなかった。

GBW(旧ギャップバスター)ではに限らず初めて使う覆面調査会社では、まずは金額の少ないものから、案件は一度に複数申し込まないで一つずつ。これが鉄則

中には、謝礼が支払われない覆面調査会社、謝礼支払を遅延するミステリーショッパー会社もあるので、調査員側も安心できるミステリーショッパー会社を確かめてから利用して欲しいと思う。

 


この記事を読んだ人に読まれています

-覆面調査とモニター
-, , ,

© 2021 What Is Work For?